住宅取得等資金の贈与|贈与税非課税措置延長

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税措置が、

その内容を一部拡充したうえで、適用期限が3年間延長されます

子や孫の住宅取得等を容易にするために、親や祖父母が資金援助する場合の税負担に配慮して一定の要件を満たす場合には、

直系尊属からの住宅取得等資金の贈与について最高1,000万円を非課税とする措置が平成23年12月まで講じられていました

今回の改正では、取得する住宅が省エネルギー性・耐震性を備えた良質な住宅用家屋である場合の非課税枠を拡充するとともに、

適用対象となる住宅用家屋の床面積を50㎡以上240㎡以下としたうえで、適用期限が3年間延長されます

 

>お役立ち情報トップへ

△ページトップへ

Comments are closed.