なんでも相談!節税Q&A

税務、会社設立など様々なご相談にお答えしています。
あなたのお悩みの解決にお役立てください。

Archive for 5月 10th, 2015

建設業用の会計ソフトは必要ですか?(大阪市・工務店)

建設業用の会計ソフトは必要ですか?

大阪市内で建設業を営む方から頂いたご質問です。

 

建設業用の会計ソフトが必ずしも必要であるわけではございません。

ただ、元請(工務店様)で、工期が半年から1年以上の長期になる場合、原価管理が経営上重要となってきます。

未完成工事・完成工事を会計ソフト上でしっかりと管理する必要があります。

現場サイドでの工事の業績と経理部の情報が一致していなければ、正確な数字を随時把握することは困難です。

在庫(仕掛工事)に計上するのか、原価(費用)に計上するのかで、会社の業績は違ってきますし、税金も違ってきます。

当事務所では、会社の規模にもよりますが、建設業用の会計ソフトを推奨しております。

建設業が利益を残すための仕組みづくりをご参照ください。

 

△ページトップに戻る